東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティングと折込チラシ、効果が高いのは?

一般的な広告として折り込みチラシやポスティングがあります。

それぞれ効果があり、目的としてはビジネスとして展開するメディアに関するメリットを強調するために使われることが多いでしょう。

それぞれにはメリットがあり、業種や告知する内容によってどちらの方法を使うべきか変わってきます。

 

目的に応じて選択することができます

折り込みチラシによる配布は昔からあるもので、新聞と一緒に配布することによって細かくエリアを区分することが可能です。

基本的に新聞販売店が配布し、大量の枚数があっても1日で配ることができるでしょう。

特に高齢者や所得の高い世帯にアピールすることができ、さまざまな情報を届けたい場合に効率良く利用することが可能です。

信頼度が高いというデータもあり、特に高齢者の多くは毎日新聞を読んでいる人が多く、主婦の中にはチラシを隅々まで見るという人もいます。

尚、新聞を購入していないという人には届かないので、すべての人が目にするというものではありません。

特定の細かなエリアで配布することができず、紙以外のチラシを配布するのは難しいでしょう。

金額的にB4サイズぐらいで1枚3~5円くらいと言われており、配布するエリアや数量などによって価格は変わります。

ポスティングを利用すると、細かくエリア指定することができ、冊子やステッカー・マグネットタイプなども配布することが可能です。

新聞のように時間的な制約がないので、多くの世帯に配ることができるでしょう。

1枚あたりの単価が折り込み広告よりやや高い傾向があり、すべて配布するのに時間が掛かることがあげられます。

中に配布されたくないとクレームが発生するケースもあるので注意が必要です。

天候によっては配布する枚数に制限が加えられることがあるでしょう。

金額的にA4サイズで1枚4~8円くらいです。

両方共リーズナブルな料金で利用することができ、大量に注文する時に便利です。

 

どちらが効果的なのかはさまざまな条件によります

配布単価は投資効果に影響するので、ポスティングの方がやや高い傾向にあります。

また、時期や告知する内容によってどちらの方法で配布するかは変わってくるものです。

反響率はそれぞれ異なっており、例えばある外食店舗のチラシを配布した場合、折込広告10000枚を配布し、5%オフのクーポン付で配布したとします。

すると回収枚数は50枚で、クーポン回収率は0.50%でした。

ポスティングの場合、10000枚配布し、5%オフのクーポン付で配布しました。

すると回収枚数は35枚で、クーポン回収率は0.35%でした。

このようなデータを見ると、折込広告の方が高い効果を発揮しているように見えます。

しかし折込広告の方が効率的であるとは言えず、例えば配布する時期や紙面でアピールする商品によっても左右されます。

ポストと折込広告では受け取る層が異なるので、来店する客層も違うようになるでしょう。

 

データを検証し継続的な見直しが大切です

折込広告を配る場合、付与されているクーポンを利用したクライアントに対してケアすることが大切です。

せっかくチラシを持って来店しているのに、その場限りになるのは広告投資を活用しているとは言えません。

サービスを気に入り継続的に来店してもらうことが目的になるので、後押しするようなサービスやケアが重要になるのです。

何かしらのサービスを準備しておくことをおすすめします。

一般的に折込広告のレスポンス値として0.3%と言われており、つまり1000枚配布すると3人が反応するという仕組みです。

商品やアピールの仕方によって数値は変わるでしょう。

大切なことは効果を検証することです。

集客数などが下がってきたらいろいろと手法を変えてみて、結果を検証することが大事です。

折り込みチラシを配布し反響がダウンしたら、別のチラシを届けたりポスティングに変更するという方法もあるでしょう。

いろいろな改善を行うことが肝心で、何が良くないのか検証したり継続的な見直しを行うことをおすすめします。

広告を行う方法として折り込み広告やポストはもちろん、いろいろな手法が存在しています。

いろいろなツールや手段を使って効率良く商品をアピールすると利益をアップすることが可能です。

 

商品やサービスを広告する方法して、折り込みチラシやポスティングがあります。

商品やサービスなどのメリットを強調するため使われることが多く、効率良く活用することが可能です。

それぞれにはメリットがあり、リーズナブルな価格で利用することができるでしょう。

業種や告知内容によって方法を選択することができ、客層などによって使い分けすると便利です。

大切なことは反響があった後、クライアントをいかに取り込むことができるかです。

何かしらのサービスを準備しておき、次に繋がるような努力が必要になるでしょう。

集約したデータを検証したり、継続した見直しや取り組みが重要です。

   

おすすめ関連記事

サイト内検索
ポスティング関連コラム