東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティング反応率はどれくらい?良い基準とは?

ポスティング反応率はどれくらい?良い基準とは?

ポスティングという仕事があることはご存知でしょうか?

ポスティングとは企業から依頼された広告を目的の地域やご家庭のポストへ投函するスタッフのことを言います
ポスティングスタッフになる人は年々増加しており、その多くが高齢者です。

健康を意識している方が多く、体を動かしながらお小遣い稼ぎが出来る仕事に魅力を感じ、ポスティングスタッフになりたいと希望している人は増えています。
ポスティングをするうえで、気になるのはポスティング反応率です。

ポスティングをしている人ならわかるかもしれませんが、一日に配布する広告は一人当たり2,000枚以上です
こんなにたくさん毎日広告を配るのですから、それなりに成果があると考えてしまうのは自然の事です。
では実際はどれくらいの人が反応をしてくれているのでしょうか?

 

実は厳しいポスティングの世界

ポスティングをしているスタッフとしては、こんなに毎日広告を配っているのだから、きっと多くの人が反応をしているのに違いないと思うでしょう。

では実際はどれくらいの人数が反応しているのでしょうか?

○反応率

実は以外にもポスティングの世界は厳しく、2,000枚以上配ったとしても、反応する人はわずか0.1パーセントから0.3パーセントと1パーセントにも届きません
スーパーなどの食品に関係する広告は反応が0.7パーセントとやや反応はたかくなりますが、それでも1パーセントに届きません。

○原因

これだけポスティングの効果が表れないその背景に、制作会社にも問題があると考えられます。
むしろ効果のない広告を作っているという事自体に気づいていないという事もあります。
例えば新しくオープンしたお店で、知名度を上げるためという事を目的に高額な金額を払ってまで広告作成を依頼されることがあります。

しかし、ただ知名度を上げる為を目的としたチラシでは、受け取った側も反応を示しません。
広告を作成した人は、その会社の経営戦略に目標数値、マーケットのセグメンテーションに最適なオファー、広告に対してメッセージの構築を行います。
ただ漠然におしゃれに作ってほしいとか、かっこよく作ってほしいなど見栄えの問題を捨てましょう。

○数値を上げるには

数値を上げチラシの反応率を上げるには、問い合わせ数・集客数といった数字にこだわるといいでしょう。
また広告を一緒に作ってくれる依頼者の基準も、見栄えから入るのではなく一緒に数字を追いかけてくれるような業者に依頼を行うようにしましょう。

もしポスティング効果を測定したいのなら、例えばスーパーならチラシをあえて持参してもらうとか、電話の際に「チラシを見たとお伝えください」と書けば、どれくらいの人がそのチラシを見たのか反応を調べることは容易にできます。

ただしマス広告といい、テレビやラジオなどの電波広告、新聞雑誌の広告に関しては測定が難しいので測定することはできませんが、チラシなら反応数が確実にわかります
ポスティング効果をもっと上げる方法としては、やはり効果的なチラシを作成し、反応率の高いチラシを採用することです。

反応率の高いチラシなら、自然とそのチラシに反応してくれるお客様が増えるので、集客数もアップでき反応率をもっと高くすることは可能です。

反応のいい広告作成としてABテストというものがあります
ABテストとはAとB二つの広告を用意します。

極端な説明をすれば、Aはテキスト中心のチラシ、Bは画像中心のチラシなど異なるチラシを用意して、どちらがいいかテストをすることです。
このABテストはシンプルですがよりいい広告を作る上では必要なテストです。

 

本当に必要なところへチラシを届けましょう

ポスティングをするにあたり、地域の情報だけではなく住んでいる家の情報をある程度把握する必要があります。
例えば、子供のいる家庭には子供の塾やおもちゃも衣料品など子供に関するチラシを投函することで反応率を上げることが出来ます。
高齢者向けの家庭なら、健康に関する情報のチラシがいいでしょう。

このように各家庭に合ったチラシを届けることも、チラシの反応率を上げる効果的な方法です。
また、自宅にチラシを配布されるのを嫌う家庭もあります。
こういったご家庭は依然チラシ配布に関してトラブルになっているケースも多いです。
トラブルになったご家庭をきちんと把握することで再度トラブルを防ぐことが出来ます。

チラシの反応率を上げるには、反応率が高くなる魅力的な広告を作るだけではなく、配布する周辺地域に関しての情報に詳しいスタッフが、本当に必要な家庭に的確にチラシを配ることが出来る腕にもかかります。
もちろんスタッフの腕を上げるには時間がかかってしまうこともあります。

ですが、自社でバイトを雇ってチラシを配布するよりも、よっぽど効果的にチラシ配布することが可能です。
配布先の顧客のチラシの反応率を改善し、顧客獲得数を上げられるようにしましょう。