東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティング業者に依頼する際には時期に気を付けよう


今回は、ポスティング業者(宅配業者・郵便局・配達業者なども含む)に、投函物の依頼をしていく際の時期に関しての注意点について、触れた記事内容になっています。
その投函のために適した期間などを判断していく事は、中々難しい実態がありますので、この点についても触れながら、今回の記事においての記述をしている形ですが、ご一読しておく価値は、大いにあります。

 

 

投函の最適期間は、投函物の内容にもよる

郵便局・宅配業者・配達専門業者その他、様々な投函業者が多く存在しますが、それらの各事業者によっても、投函物の配達が可能あるいは不可能な時期といったものが、確実に存在します。
お正月や年末期などの場合には、郵便局や宅配業者などでは、大量の年賀状や贈り物などの配達期間でもありますので、なるだけそうした繁忙期の時期には、大量の投函物の配送依頼を避ける必要性がある感じがします。
受付自体はされたりはするものの、依頼開始日から正月・年末期などから約1週間後に発送をされたりするようなケースも報告をされたりしていますので、なるだけそれらの期間を避けながら、投函依頼をそれらの各事業者には依頼をしていく形がベストです。

それでは、個人や有限会社などの小規模事業者の形でされている配達専門業者の場合にはどうかについてですが、この形態の事業者の場合でも、投函に最適な期間が存在します。
年末期やお盆、土日などの場合には、やはり依頼を受理しにくいようなところがあります。
特に、郵便局・宅配業者などの場合とは異なり、常時依頼がしやすいといった理由で、クライアントなども多いようなところがありますので、そうした点で投函依頼そのものをお断りされたりするような事も、少なくないケースもあります。

これにはやはり、個人や有限会社といった、人数的にも小規模な宅配事業形態といった、事業範囲的な事情もあり、断られるという背景があります。
ただ、郵便局・宅配業者・配達専門業者その他の各事業者への依頼にしろ、どのみち一番の投函に適した期間は、その配達目的物である投函物の内容によるところが大きな傾向があります。
投函物には、本当に様々な内容からなるものがありますが、特に加工などがなされたりはしていない商品などによっては、その期間しか配送が出来ないものも少なくはありません。
そうした投函物にある内容が、投函の最適期間に大きな影響をもたらすところがあるのは、間違いありません。

 

生ものなどの商品に関する投函物の依頼には、要注意

こうした投函物の場合、それに記載がしてある売買の対象商品自体は、生カキ・生カニ・野菜類・生ハムその他、いわゆる「生もの」になりますので、特に配達物の中でも、配送が可能な期間が決まっているものも、決して少なくはありません。
そうしたものの場合、先程の段落のところでも話した、正月・年末期・お盆・春の連休などの各期間と重なる事も少なくはありませんので、各配達関係業者への投函依頼をする際には、その投函物に掲載がされている商品の最適な配達期間をしらべた上で、慎重に行う必要性があると考えられます。

そして、その投函物にある商品にあたる生ものである製品に関しての、配達対象期間に関しての情報を公示されている発送元である事業者もありますので、そうした開示情報を確認しながら、投函依頼をしていく形がベストです。

 

投函物を効率よく選んでいく方法について

投函物の種類によっては、先の各段落において話した、配達期間的な事情なども含めた上で、自分がどのような商品についての情報を記載をした投函物の依頼を各配達事業者に対し、やっていくのかについて、よく考えていく必要性はどうしても不可避な条件です。
まずはこの事をよく、理解をしておく事が大切です。

投函依頼をされる方の中には、どうしてもなるだけ、1通あたりの単価が高い投函物の配達を依頼していきたいといった方などもおられたりします。
そうした方の場合には、先程も触れた生ものや、高級ブランド商品、高価な機械類などが掲載をされた投函物などを仕入れた上で、配達依頼をしていくというような形がベストです。
それだけに、投函依頼者である本人の方が、様々な情報確認媒体を利用をしながら、そうした投函物サービスをやっている請負元の事業者に関しての情報収集をしていくという必要性があるという事に、これは他なりません。
決して簡単な事ではありませんが、こうした努力は不可欠です。

 

以上のように、投函者である自分が、投函行為・作業を、自分以外の配達事業者への依頼をする形でやっていくという内容になりますが、やはり、投函物に掲載されている目的商品自体の性格性などはもちろんの事、配達事業者も、郵便局・宅配業者・配達専門事業者などの形態・繁忙期の違いにもよるところが少なくありません。
一番言える事としては、どのような投函物以来の形であれ、その依頼先である事業者による繁忙期を避けた、ビジネス目的の投函物依頼をしていく形がベストである事です。
中々行う事が難しい現実がありますが、そのためにも依頼者本人である投函者も、依頼における工夫面での努力が必要なところが確かにあります。