東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティングの成果を上げるための方法

ポスティングの成果を上げるための方法

 

現在、日本では急速にデジタル化が進んでいます。
しかしそれでも未だにアナログ的な方法であるポスティングは現在でも盛んにおこなわれています。
その理由として高い集客効果があることがあげられます。
ポスティングの成果を上げるのはどうすればよいのでしょうか。

 

チラシを工夫して他社に差をつけましょう

★ポスティングの成果を上げるためには、ポスティングするチラシをいかに工夫するかがとても重要になります。
ポスティングは、チラシをマンションのポストに投函することによって確実にマンションに住んでいる住人にチラシを一度は見てもらえるというのが、他の宣伝手段にはない大きなメリットです。
ですからポストに投函したチラシをマンションの住人に手に取って見てもらったときに、いかに視覚に直接訴えかけて興味を持ってもらえるようなデザインにするかというのを考えることがとても重要になります。
★どれだけ優れたデザイナーにチラシの作成を依頼したとしても、一目見たときにそのお店がどのような業種か、そしてそのお店がチラシによって伝えたい情報が何なのかが分かるようなものでなければ、チラシを手に取った人にとっては必要がないものと判断されます。
表面を見たときに伝えたいことがダイレクトに分かるようなレイアウトにしてもらうことが重要だと言えるでしょう。
★また、伝えたいことが多すぎるのも良くないのでメッセージを出来るだけ絞り、シンプルなデザインにするように心がけることも大切です。
チラシにクーポンをつけるのも集客効果アップにつながります。
★また、複数のチラシを作成して同じエリアに同条件で配布し、その反響を見てより良いチラシを見出すのも一つの有効な方法です。
例えばAとB、2つのチラシを作製したとしましょう。
まず1日目はAの地域にはAのチラシを配布し、Bの地域にはBのチラシを配布します。
そして別の日にはAの地域にはBのチラシを配布し、Bの地域にはAのチラシを配布します。
その後しれじれのチラシの反響数を比較すれば、AとBのチラシのうち、どちらの方が、集客効果が高いのかを見極めることができます。

 

ポスティング会社選びも重要です

チラシを工夫するだけでは集客効果工場の効果が十分出るとは言えません。
ポスティングをポスティング業者に依頼する場合は業者選びも集客率アップのための重要な要素の一つになります。
★どれだけ手間をかけて相手に伝わりやすくインパクトがあるデザインのチラシを作製したとしても、実際にチラシを配るポスティング業者の質が悪ければ集客効果が上がらないどころか思わぬトラブルを招くもとにもなります。
良いポスティング業者かどうかを見極めるには、まずポスティングという業務の品質向上にどのように取り組んでいるかをチェックする事が有効です。
★自社管理でポスティング業務を行っている会社の場合、依頼すると費用はそれなりにかかりますが、実際にポスティングをする作業員の質が全体的に高いです。
業務をおこなってもらう前にはしっかりと面談をおこない、研修をしてから実際に業務を始めてもらうようにしているので堅実なポスティングをおこなってもらえるでしょう。
★また数は少ないのですが、組合に加盟しているポスティング業者も全体的に業務の質が高いことが多いです。
組合に加盟している会社の場合、組合で外部監査をおこなっていることがほとんどです。
所属している会社は外部監査を受ける義務があります。
もし外部監査において問題点があるとその会社には指摘が入り、改善するように指示されます。
支持されている内容が改善されていないと場合によっては業務を停止させられることもあります。
ですから外部監査に合格している会社というのはある程度信頼できると言ってよいでしょう。

 

マーケティング目線での配布戦略を立てる

そして、どれだけ優れたチラシを作成したとしても、配っているエリアに住んでいる人たちに自分たちの業種のニーズがまったくなければいくらチラシを配布したとしても集客効果はまったく見込めず、経費ばかりがかかります。
ですから、チラシを配布する前には、自分たちがおこなっている業務や取り扱っている商品を最も欲しているエリアがどこかというのをしっかりと見極めて、その場所に集中的にチラシを配布することが集客力を上げるための重要なポイントです。
これをマーケティング戦略と呼びますが、マーケティング戦略を組むことによってチラシの効果を最大限に上げることが出来るだけではなく、不要なエリアにはチラシを配布せずに済むのでコストの削減にもなります。
例えば、地元でのみ営業をしているお店が全く離れたエリアにチラシを配布しても集客が見込めないことは明白です。
ですからチラシの配布は自然と現地メインとなります。
次に扱っている商品や業務内容が一般家庭向けならば一般家庭にのみ、事業者メインであれば事業者にのみチラシを配布すれば効率よく宣伝することができます。

〇まとめ
歩捨て寝具の集客効果を上げるためには、
①まず他社と差をつけられるようなインパクトがあること
相手にメッセージが伝わりやすいデザインのチラシを作成すること
③そして配布するポスティング業者の質を見極めること
④最後に配布するエリアを見極めることの3つの要素が重要となります。