東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

効率的なポスティングの配り方とは?

ポスティングでお客さんを獲得する場合には、闇雲に配ってもあまり意味がありません。

それよりも、効率的に無駄をなくして配ることを考えた方がより良い結果を出すことができるでしょう。

では、実際にどのように配ったら効率的になるのでしょうか。

 

タイミングや時期をよく考えること

ポスティングをするときには、まずタイミングを考えなければなりません。

タイミングの考え方の一つですが、飲食店などを例にとると多くの人は土曜日や日曜日そして連休などにお店に行く傾向があります。

平日に動く人は少なく、家族を連れて土曜日や日曜日などに動く人が圧倒的に多いです。

そのように考えると、平日にチラシをまいてもそこまで大きな効果はありません。

もちろん平日にまいたチラシを見てくれる人はいるかもしれませんが、もし別の業者が同じようなチラシを休みの日の前に出したらどちらに反応するでしょうか。

そうなるとすれば、祝日や土曜日・日曜日の直前に入れるのが一番効果的だと理解できます。

また、時期によってもポストに入れるタイミングを考えなければならないパターンもあり、例えば、不用品回収のチラシなどがこれにあたるでしょう。

不用品回収のチラシの場合には、お客さんが不用品を回収してほしいタイミングを考えながらポストに入れる必要があります。

不用品を回収してほしいタイミングはいつかと言うと、大掃除をしている時期が一つ考えられます。

大掃除をする時期は年末になりますので12月の中旬ぐらいにチラシを入れることでよい反応を得ることは十分可能になります。

もう一つ不用品回収業者に必要なタイミングがあるとすれば、年度末になるでしょう。

年度末は、学年が変わる時期や転勤をする時期などと重なるので、このようなときには引っ越しをする可能性や前の学年に使ったいらないものを捨てる可能性も高くなるでしょう。

このような状況にしっかりとチラシを入れることができれば反応率が高くなるのは間違いありません。

配る地域を限定することも大事なる

2つ目の重要な配り方としては、配布時期を考えることになります。

いくらポスティングをするといってもやみくもにたくさんの量をまけばよいわけではありません。

会社としても費用対効果を考えながらチラシをまくことになりますので、たとえお客さんが来たとしてもチラシをまきすぎて費用の方がかかってしまえば赤字になってしまいます。

これを防ぐためには、エリアを限定することが重要になるでしょう。

エリアを限定するために重要なこととしては、どのような業種でどのようなお客さんが欲しいかによって変わってきます

例えば、大型ディスカウントショップのセールやオープンの時にチラシをまく場合には、客層が広いためある程度広範囲にまいても問題ありません。

たいていの場合自動車できますので、そのお店の半径10キロ以内の住宅にまくことにより、十分な結果を出すことが可能になります。

ですが、この考え方はどの業種にも当てはまるとは限らず、例えば、学習塾を経営する場合に夏期講習や冬期講習がありますがこのチラシをまく場合には範囲が広すぎると無駄になってしまいます。

なぜなら、学習塾のお客さんは子供になりますので自転車で通うことになると想定して、自転車が通える距離はもちろん物理的に考えると10キロ以上も可能になりますが、母親や父親はわざわざそのような長距離の学習塾に通わせようとは思いません。

それよりも、エリアを限定して通わせることになるはずです。

そのように考えると、半径1キロ以内の場所にチラシをまくことで効率的にお客さんを集めることができます。

どのような住宅に配るかも考えておく

3つ目の配り方のポイントとしては、どの家にチラシをまくかになります。

つまりチラシをまく場合には、個別の住宅の事情を考えることが重要になります。

これはどのような意味かといえば、たとえば学習塾のチラシをまくならば高齢者しか住んでいないような住宅にまいても意味がありません。

それよりも、子供が住んでいそうな場所にまくのが一番理想的なやり方になりますが、どのように子供がいるかを判断するかというと、実はある目印があります。

それは、子供用の自転車があるかどうかということです。

子供用の自転車を見ると、概ね何歳位の子供が住んでいるかが分かりますので、そのような点をチェックすることで効率的に配ることができるわけです。

もし自転車がなければ、洗濯物等で判断しても良いかもしれません。

これは、介護施設等のチラシを配布する場合にも同じことが言え、若い世代の人が住んでいる住宅ではなくこれから後期高齢者を迎えようとしている住宅は独特の雰囲気があります。

盆栽などは庭に並べてもある場合などは後期高齢者かそれに近い人が住んでいる可能性が高いといえます。

 

ポスティングの効率的な配り方としては、3つのポイントがあります。

配るタイミングを考えること

配る時期を考えること

建物によって配り方を変えること

以上の観点を徹底して心がけるすることで、無駄なく反応の高いポスティングが可能になると言えるでしょう。

   

おすすめ関連記事