東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

雨の日のポスティング対策とは?

アルバイトを探しているという方や宣伝をしたいという方などはポスティングを検討してみるというのも、有効な手段です。

チラシを配ることでバイトは収入を得ることになりますし、自分のお店やなんらかの宣伝をしたいという方は、各家庭にチラシが配られ宣伝効果が期待できるため、メリットはあります。

ポスティングは配る側、宣伝したい側双方にメリットがありますが、チラシを配るというのは外に出てポストに投函していくことになります。

雨の日などはどのような対応、対策をするのかという点をチェックしていきましょう。

 

雨が降った場合にはどのような判断になるか

ポスティングの仕事の場合には、天候などによっては仕事を自粛するということもあります。

雨の日のポスティングは、チラシなどの紙媒体が濡れてしまう可能性があるためです。

広告として宣伝効果のためにも多くの人の目につくようにすることも重要ですが、チラシをきれいな状態で見てもらうということも大切なことです。

雨が降ることで、ポストに投函する際チラシが濡れてしまうと紙媒体の場合にはくしゃくしゃになってしまい、見た目が悪い状態となりがちです。

ポストに投函すれば、その家庭の誰かがチラシを見てくれる可能性は高まりますが、宣伝したいチラシが雨に濡れてしまった状態だと、イメージダウンにつながってしまうケースもでてきます。

その点からも、雨が降っている時には仕事を自粛する傾向になることもあります。

ただし、雨の降り具合などによっても判断に違いが出てくるケースもあるため、土砂降りや台風などの場合には自粛することになっても小雨などの場合には、仕事をする可能性もあります

また依頼主の希望内容などにもよるケースもでてくるため、配る担当の方は依頼主の判断を待つか相談してみることも大切です。

ゲリラ豪雨や台風などあからさまに外で行動をとるのが危険な状態やチラシを配れる状態でない天候の場合には、配布期間を延長してもらうなどの対処をしてもらうなど依頼主側との交渉が大切です。

 

雨が降っているならできるだけ濡らさない

雨の日のポスティングでは、チラシを濡らさないように対策をすることも重要です。

ちょっとした雨程度ならば自粛するということにはならず、仕事をすることになる可能性が高いため、雨が降っていてもできるだけチラシを濡らさないようにすることを心がけましょう。

自転車などにチラシを入れておく場合にはカバンなど濡れても大丈夫なような防水機能がしっかりとしているカバンの中に入れておくという方法やチラシをビニールなどで包むなどしてカバーしましょう。

また、傘をさしながらのポスティングだと効率が悪く、配布効率の低下に繋がるので、レインウェアや防水重視なジャケットなどを準備しておくといいでしょう。

雨が降るというだけで、難易度が上がってしまうので配布効率をできるだけ落とさない対策をすることが大切です。

また、晴れていてもいきなり天候が悪化してくることもあるので、そのような状況なども想定した準備が必要です。

 

天候をチェックする癖をつけておく

ポスティングの仕事をする場合には、天候のチェックはこまめに行う癖をつけておきましょう。

実際に配り始めてから雨が降り出してしまうと対処が大変です。

近年では、スマートフォンのアプリなどでも自分の住んでいる地域の天候や雨雲情報などがチェックできます。

数時間先までの雨雲の動きなどもチェックできるため、現状で雨が降っていない状態でも、少し時間が経てば雨が降り始めるなど、ある程度予測がつくため、参考にしてみましょう。

予測ができていれば、急に雨が降り出してもあわてずに対処できる点からも、定期的に天候のチェックをすることやチラシを配る前の段階で配り終わる時間帯までの雨雲の動きなどもチェックしておくことが重要です。

 

雨の日のポスティングでは、雨の降り具合にもよりますが自粛する傾向があります。

ただし、それほどたいした雨でない場合には、チラシを配る可能性もあり、それは依頼主側の判断などによります。

雨が降っている状態でチラシを配る場合には、できるだけ雨に濡れないように心がけることや、濡れないような対策をしておくことが重要です。

チラシが濡れてしまうことで、それを見る側のイメージが悪くなってしまう傾向もあるため、注意しておきましょう。