東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティング業者利用時のトラブルとその対処方法

ポスティング業者利用時のトラブルとその対処方法

ポスティングを利用する業者が増えているのはご存知でしょうか?
〇ポスティングとは
各家庭のポストに必要なチラシを配布する配布員の事です。
この配布員になる人も、ポスティング業者を依頼する企業もどちらも増えています。
ポスティングは、一軒一軒の自宅ポストに自分の足でチラシを配布します。
そのため、健康に気を付けている高齢者の方の応募が多く、歩きながらお小遣い稼ぎが出来るという事で今大人気の仕事です。
都会の場合、年々人口密度が増加しており、ポスティング業者のニーズは非常に高いです。
そのため高齢者だけではなく若者も積極的にポスティングへ参加している人も多いです。

〇メリット
また、業者にとってもポスティング業者への依頼はメリットです。
企業としては、より多くの人に自社商品を宣伝したいのが内心です。
自社スタッフがポスティングをすることももちろん可能ですが、自社スタッフの場合、その地域に関して詳しくないスタッフがポスティングをしてしまうことがあります。
そのため、プロのポスティングスタッフがやるのと自社スタッフが行うのでは、作業スピードの大きな差があります。
中にはバイトを雇っている企業もありますが、バイトも同様でその地域に詳しくないスタッフがポスティングをしてしまう場合があるので、同じく作業効率に問題があります。
そのため、多少お金がかかっても確実にチラシを配布してくれるポスティング業者へ依頼をするケースが増えています。
しかし、ポスティング業者に依頼をすることでとある問題も発生します。
そのトラブルとは一体何でしょうか?

 

ポスティング業者のよくあるトラブル

〇実際どんなトラブルがあるのでしょうか?
★まず一つ目は投函禁止先にポスティングをしてしまったことによるトラブルです。
通常ただチラシを投函するだけであれば、ほとんどクレームはなくむしろねぎらいの言葉をかけられることもあります。
しかし問題はチラシ不要とポストに書いているのにも関わらず、投函してしまった場合にトラブルが発生してしまうことがあります。
先方がわざわざチラシ不要と言っているのにも関わらず、ポスティングをしてしまいトラブルになるのは当然でしょう。
このように投函先のポストにはっきりとチラシ不要と書かれている場合、チラシを投函しないのが原則です。
万が一誤って投函をしてしまった場合、投函先のご自宅へ訪問し、謝罪をしておくといいでしょう。
不在の場合はメモを残しておくなどの方法をとるようにしましょう。
また、高齢者のスタッフで、暗くなると目が見えにくくなってしまう方がいます。
こういった方が時にチラシ不要という文字を見逃してしまい、チラシ不要のところへ投函してしまうことになります。
なので、対策としては暗くなったらチラシ配布をやめましょう。

★二つ目はチラシ未配布によるトラブルです。
業者へ依頼をした企業は、お金を出してまでポスティング業者へチラシ配布を依頼したわけです。
依頼をしたのにもかかわらず、全くチラシがまかれていないとなればトラブルになります。
過去に大量のチラシを廃棄あり、裁判になっているケースがあります。
こういった業者に依頼をしないためにも口コミや評判は参考にしましょう。

★三つめはポスティング希望エリア相互のトラブルです。
ポスティングをしてほしかったエリアもしくはセグメント違いによるトラブルです。
ポスティングのお方法は業者によって違いがあるのは仕方ありません。
最も一般的にはすべての住宅へ投函するというパターンが多いのですが、業者によっては会社や工場も含めて配布をしてほしいと依頼している企業や、工場などほかの企業には配布してほしくない、住宅だけに配布など細かく依頼をしている業者もあります。

ポスティングをしているスタッフは、一人2,000枚以上のチラシを配布します。
せっかく時間と労力を削ってまでポスティングをしているのに、思い込みで判断をするとこういったトラブルを引き起こす原因になります。
思い込みで判断をするのではなく、必ず業者へきちんと確認をしてから配布をするようにしましょう。

 

きちんと確認をすることでトラブルを回避できます

どんな仕事でも、確認行為は大切です。
確認行為をきちんと行えば、大体のトラブルは回避することができます。
無責任な言い方ではありますが、人間なので絶対ミスが起こらないという保証は誰にもありません。

ですが、発生するミスの回数を抑えることは誰でもできます。
チラシ不要と書かれているポストはないか、ポスティングを行う前にきちんと確認をしてからポストにチラシを投函するようにしましょう。
チラシは必ずすべて必要なエリアに投函すること、間違っても配布しきれなかったからと言って処分するのはやめましょう。
配布するエリアをきちんと確認をしてから投函するなど、これらの事をきちんと確認し、ポスティングに関してのミスを最小限にするようにしましょう。