東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

反響率を上げるポスティングの方法はある?

公開日:2019/01/15  最終更新日:2018/12/14

反響率の高い効果が見込めるポスティングのためには、デザイン性がキーポイントと考えている人は少なくありません。

もちろんデザイン性そのものは重要になるのですが、実際のところ他にも、多種多様なテクニックを欠かすことが出来ません。

 

 

目的と目標の設定が重要になります

まず第一に欠かすことができないのが、目的及び目標の設定になります。

ほとんどのケースで、売上改善を目的に実施されます。

そして、新しいクライアントを開拓する、既存の客単価を増加させる、あるいはリピーターを増加する、など多くの売上改善のテクニックがありますが、どういったやり方で達成するのかが重要になります。

それは、いずれを選択するかによって、配布物、あるいは配布先それから、広告の中身が変容するからです。

また、新しいクライアントを増やすといった漠然としている目標を設けてはいけません。

効果効能を計測・分析し、社員間で目的意識をシェアするために、目標につきましては細部にわたり設定しましょう。

初めての目標設定に関しては目安を決定するのが困難ですが、オーソドックスな反応率を鑑みるというアプローチがあります。

一般的に考えて、反応する率は0.1~0.3%といわれています。

1回で10000人に対して配るとしたら、30人の新規争奪が初めての目標値となります。

 

商圏を把握することが大切です

また、クライアントとなりうる人が居を構えている場所の地域の特色を、しっかりと把握することが重要になります。

店へと集客することができる人がいる範囲のことを、マーケティング用語を通して商圏と呼んでいます。

効果のためには、商圏の傾向を確認することが欠かせません。

集客の原則は、販売商品の押し売りではありません。

希望している人に対してフィットする商品を提供することを意味します。

ニーズがあるところに供給して行くと、ナチュラルに販売数は引き上げられていきます

しかしながら、ニーズの調査こそが集客にあたってとても難しいキーポイントになります。

商圏の確認に関しては、これから先クライアントとなりうる方たちのニーズを知る手がかりとなってきます。

商圏に居を構えている人々の価値観を押さえることができれば、実効性のあるアピールができるようになり、効果上昇に結び付くといえます。

まず重要なことは、現実にその土地を訪ねまわってみることです。

駅、あるいは商業施設など人が寄り集まる所で、行き交う人の服や目にしている雑誌、混雑する時間帯などを押さえることも大事になってきます。

現地の住民の人々が何に好意を寄せているのかを見出すことになれば、消費傾向もイメージすることができます。

それに加えて、周りの交通状態や商業施設の様子も調査します。

人の流れがどういうふうになっているのか、周りの同業他社の評価はどうなのか等を掴めば、見込み客を店へと誘導したり他の店との差を強く主張したりできるようになります。

そして、 ムードが理解できたら、そのあとは数字をチェックします。

実際的な消費者数を熟知し、消費者像とリンクさせることを通じて、マーケットのイメージを認識することができます。

また、土地内の世帯数や男女比などはおのおのの行政単位で発表されているオープンデータから認識することができます。

役所の受け付け窓口で質問してもいいですし、各自治体のウェブサイトをチェックしてみるのもいいでしょう。

 

デザイン性に工夫を凝らすことが大切です

反応率の高い広告に関してですが、目にした瞬間に何のチラシか分からなければ、不要と判断される可能性が高くなります。

見込み客の多くは、判断しかねるものを手に取り、理解しません。

第一印象でなんの広告なのか把握できる創意工夫を加えることが不可欠です。

多くは、折りたたまれた状況の中で投函されることになります。

そうなるとチラシを開かなくても、すぐ理解しやすくすることが必要です。

したがって、折ると途切れてしまうデザイン性は避けることが大切です。

デザインの際に、配布時の形を意識しましょう。

さらに、 相手サイドの関心をひくことが可能なら、手に取ってもらえます。

したがって、キャッチコピーにこだわりを持つなど、相手サイドの関心を刺激する取り組みをしましょう。

ポスティングは癖があるメディアですが、的確に運用した場合、とても大きな効果効能を発揮できます。

対象をセグメント化させ、フィットした広告を打てる緻密さは、ポスティングだからこそできるアドバンテージです。

そのアピールポイントを活かすには、単発的な利益をターゲットにするのではなく、持続しつつ改善を積み重ねることが重要になります。

   

おすすめ関連記事

サイト内検索
ポスティング関連コラム