東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティングは紙の種類も大切?


ポスティングは昔ながらの方法であり、インターネットが身近になった今の時代でも、宣伝効果が高いことから人気の方法となっています。

その効果をもっと高めてくれるのが紙の質です。

紙の種類選びも慎重に行いましょう。

 

ポスティングは効果が高い

折り込みよりも手間がかかったり、業者に配布を依頼するも高額になりがちなどから選ばない人が多いですが、細かくエリアを区切ることができたり、冊子やマグネットやステッカーなども一緒に配ることができるので、より宣伝効果も高くなります。

基本的に時間的制約がないので、できるだけ多くの世帯に配りたいという場合にも適しています。

近年では新聞をとっていない家庭も増えており、特に若い世代の家庭は新聞は不要と考えている人が多く、折り込みチラシではそう言った人には宣伝することができません。

ポストへの投函ならば、確実に見てもらうことができます

投函によるチラシのメリットが大きいことは確かです。

しかしその際に、効果を高めることができるかどうかはチラシのデザインや紙の種類による違いも大きいので気をつけなくてはなりません。

特に関係ないと考えてしまいがちな、ペーパーの質には注目しておくようにしましょう。

 

 

大きく分けると三種類に分けられる

ペーパー選びはチラシの反響に影響する大切な要素となります。

同じインクを使い、同じように印刷した場合でも、ペーパーの種類が異なると発色もかなり差が生まれることになります。

色は同じ白色でも、表面の凹凸やツヤにより発色具合には違いが生まれます。

分厚さによる違いも考えなくてはなりませんが、ペーパーの種類は大きく分けるとコート、マットコート、そして上質タイプの三種類に分けることができます。

目的に合ったものを選ぶことにより、効果を高めることにつながります。

表面がツルツルしていて発色性に優れているのが、マットタイプです。

表面にコート剤が塗布されていることによりツルツルしていて、発色性に優れていることから写真も綺麗に仕上がるという特徴があります。

ポスティングやチラシや折り込みチラシでよく使われているタイプとなっています。

写真が多く入ったチラシや、色を多く使ったものには適していますが、インクをはじく性質になっているので、ボールペンや鉛筆で書くことには不向きとなります。

マットコートタイプは、イラストが入ったチラシや会社案内、名刺などに適しています。

しっとりとした質感と手触りが特徴であり、光沢を抑えたタイプです。

コートタイプのツルツルとした感じがマットコートタイプでは抑えられるので、コートタイプよりも落ち着いた雰囲気に仕上げたい時にぴったりです。

色の発色自体はコートに近くなっていて、印刷のインクの沈みが少ないため、仕上がった時にはコートタイプよりもボリューム感がでます。

光沢がないことなら、コートタイプよりもボールペンでも書き込みやすいという特徴もありますが、コートタイプと比べると少し高くなっています。

上質タイプは普通タイプとも呼ばれており、書き込みを前提としたチラシとなっています。

文字数の多いものだったり、冊子やアンケートの時に使いやすいタイプです。

表面に加工がないので、ザラついた質感があります。

ノートなどに使用されているのもこのタイプであり、表裏の両面とも塗工処理されていないので、インクを吸収しやすいです。

色沈みにより、暗く見えることがあるのでコートタイプややマットコートタイプに比べると発色は悪く夏までしまいがちです。

しかし、温かみがあり優しい印象を与えることができます。

シャーペンなどを使い加筆が必要なチラシの場合は、相性が良いタイプになります。

 

紙の種類による印象の違いについて

どのタイプを選ぶのかにより、質感には大きな違いがあるので、受け取った人が感じる印象にも違いがあります。

どんな印象を与えたいのかということを考え、タイプを選ぶようにしましょう。

高級感を与えたいのか、温かみを強調したいのかによって、選ぶべきタイプに違いがあることは間違いありません。

もちろんタイプによって一枚あたりの料金にも違いがあるので、無理のない範囲内で考えて選ぶようにしておきましょう。

 

注意しておくべきポイントについて

ポスティングのチラシを作成する際には、デザインにはかなり気を使っていてもペーパーの種類までは意識していないという人も多いのではないでしょうか。

ですが、ペーパーの種類により仕上がりには違いがあるだけではなく、耐久性にも差が生まれることになります。

写真を美しく表現したいのか、鉛筆やボールペンで書き込んでもらう必要があるのかなど、用途や目的による適切なペーパーの種類選びが重要になるのは間違いないと言えます。

インク自体は同じで、印刷する機器も同じでもペーパーの種類が異なるだけで、発色には違いが生まれます。

もともとの色が同じ白色でも、表面の凹凸やツヤによって発色も異なります

 

一度に大量に印刷してしまうと、イメージと異なった時にペーパーを無駄にしてしまうことにもなりかねないので、まずはどのタイプのペーパーを使えばイメージに近い仕上がりになるのかを考え、慎重に選ぶようにしておきましょう。