東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

業界別で違うポスティングのチラシの特徴は?


ポスティング業者がチラシを作る場合には、すべての業界が一律に同じような内容を作ればよいわけではありません。
例えば、学習塾の経営者がスーパーのチラシなどを参考にしてチラシを作ったとしても反応率は非常に低いものになるでしょう。
そこで、業界別にその特徴を見ていきましょう。

 

 

比較的簡単な物販のチラシとはどのようなものか

チラシを作成する中で比較的簡単なのは物販に関するチラシになります。
一番よく見かけるのは、スーパーなどのチラシですがポストに入っているものはブランド品の高価買い取りのチラシや新装開店のパン屋さんなどのチラシになります。

なぜチラシの造りが簡単でよいかといえば、商品の写真と値段が明確になっていればよいからです。
細かい説明などは特に必要ありませんので、それほど凝った作りにしなくてもよいことになります。

例えば、スーパーマーケットのチラシをポスティングする場合、スーパーマーケットの必要性等を熱く語る必要などはなくそれらはすでに消費者がわかっていることですのでわざわざ語る必要はありません。
それより消費者が知りたいのはどれだけ安いかそしてどのような商品がそろっているかというような商品に関する情報です。
特に、写真付きで値段がのっていれば消費者はその情報を瞬時に判断しすぐにお店に駆けつけるでしょう。
すぐに行けない場合でも時間差でお店に駆けつけることがほとんどです。
そのような意味では、チラシ一面に商品と金額そしてセールをするとすればいつからいつまでが書かれていればよいでしょう。

 

たまにしか利用しない職種の場合のチラシ

スーパーマーケットやコンビニエンスストアを日常的に利用する人は多いですが、その反面ほとんど1年間を通して利用しない業者などもあります。
例えば、外壁塗装業者などがこれにあたるでしょう。
一戸建て住宅を持っている人によっては、外壁塗装は非常に大事なものになりますが、1年に何回も外壁塗装してもらうことはありません。

それこそ、10年に一度や15年に一度利用する程度で普段は必要性を感じないものです。
このような商売の場合には、単に金額を載せただけでは意味がありません。
なぜなら、その必要性をお客さん自身がわかっていないこともあるからです。
もちろん、金額を掲載することも重要になるでしょう。
普段利用していないものならば、一体どれぐらいの金額なのかわかりにくいからです。

必要性がよく理解されていないものに関してはどれほど重要なのかを語る必要があります。
あまり脅迫じみた内容ではいけませんが、それを利用しないとより状態が悪くなってしまうことを説明することが必要になります。
外壁塗装をしないと耐震性が弱まることなどは事実ですので、語っても問題ありませんが虚偽の内容などは一切語ってはいけません。例えば、外壁塗装を10年間以内にしなければ住宅が崩れてしまいますといった内容は誤った内容ですので語ってはいけません。

いずれにしても、お客さんが本当に必要と感じられるようなことを書き、チラシの下の方に料金などを書いておき、さらにはスタッフの顔写真まで載せておくと一気に反応率が上がる可能性が高くなります。

 

趣味に関するものはどうしたらよいか

趣味に関するものを販売する場合やサービスを提供する場合は、提供するものをよく理解した上でチラシを作る必要があります。
基本的に、趣味に関するものに関してはニーズはそれほどありません。どちらかといえば、ウォンツの方が強くなります。

それぞれの意味を説明すると、ニーズとはそれがなければ困るものをいいます。例えば衣食住に関するものがこれにあたるでしょう。
基本的に、ニーズに関するものはお客さんがしぶしぶお金を出すことになりますので、購買意欲を高めるような内容にしておく必要があります。

一方で、ウォンツとは絶対に必要ではないけどもできれば欲しいものになります。
例えば生活に必要のないゲームなどはなくても生きていくことができますが、趣味の一つとしてそれを楽しみにしている人がいるはずです。
また映画や漫画あるいは旅行などもそれをしなくては生活できないわけではありませんが、趣味として持っている人が多いはずです。
これらのウォンツに関する商品やサービスは、それほど工夫しなくてもあるいは意味を説明しなくても問題ありません。

ただ、細かい商品の内容などは丁寧に説明をしておく必要があります。
新発売の商品は特にお客さんに訴えるような分かりやすい内容にしなければなりません。
旅行などに関しては、プランの内容を明確にしておけば十分でしょう。
もちろんそれなりにお金がかかるものですので格安に設定しておく必要もありますが必ずしも格安でなくても問題はありません。
基本的に、趣味に関するものはお客さんが絶対にほしいと思える魅力的な商品やサービスならば借金をしてでも手に入れようとするからです。
安さにこだわる必要はありませんが、その魅力を存分に語るだけの知識と経験が必要になるところです。

 

チラシにも、さまざまな種類がありますが、日常的によく利用されるスーパーマーケットやコンビニエンスストアの場合には値段を重視することが必要になります。
一方で、普段からそれほど利用したい外壁塗装業者などの場合には、その必要性を明確に書いておきましょう。
さらに、趣味に関するものを扱うときは値段重視でなくても構いません。