東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティングに最適なチラシの折り方とは?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/14

チラシを郵便受けに投函する場合、マンションの郵便受けが小さく、チラシを折らないと入らない場合があります。

チラシがシワシワで入っていると読んでもらえないため、きれいに折る事も大事です。

郵便受けにスムーズに入り、読んでもらいやすい折り方を工夫する事をおすすめします。

 

スムーズに配布できることが重要になります

ポスティングに最適なチラシの折り方は、狭い郵便受けでもスムーズに配布する事ができる4分の1幅になる4つ折りがおすすめです。

2つ折りを2回繰り返すだけなので、簡単に折る事ができますし、業者に依頼する時も4つ折りのオプションを利用できるところもあり、便利です。

チラシを折らずに、郵便受けに入れるとシワになってしまい、無理に郵便受け入っている姿がゴミのように感じる方もたくさんいます。

シワができているチラシはきちんと見てもらう事ができないケースも多いため、そのままゴミ箱に捨てられてしまう可能性があります。

折ってきれいに投函していることで、チラシをじっくりと見てもらえるチャンスがあるため、きれいな状態でチラシを郵便受けに入れる事は必要です。

郵便受けがある程度大きい場合は、3つ折りや2つ折りでも十分に入りますが、マンションの郵便受けなど、部屋数が多く、たくさんの郵便受けを設置する場合、郵便受けが小さくなることもあります。

4つ折りだと、小さな郵便受けでも、簡単に入れる事ができるため、作業がしやすいですし、受け取る側もチラシを広げてチェックしやすくなります。

折った時の事を考えてチラシのデザインを考えるなど、工夫をする事により、チェックしてもらいやすいチラシに仕上げていけます。

例えば、4つ折りにした時に、セールの情報が見えるようにするなど、見せ方を工夫する事で、気になってチラシを広げてもらえる可能性が高くなります。

チラシはいろんな折り方ができますが、郵便受けへの入れやすさや折った時に読みやすい工夫をする事で、チラシを読んでくれる方を増やせるチャンスを作れます。

 

デザインを工夫する事も大事なポイントです

一度チラシをチェックしてもらい、ごみとして捨てられてしまった場合でも、何度かチラシが入っていることで、興味を持ってくれる方もたくさんいます。

継続してチラシを配る事によって、親しみを持ってもらえる場合もありますし、サービスの事を覚えてもらうきっかけとなります

ですが、地味なデザインのチラシだと、あまり印象に残らない場合もあり、個性が強すぎるしつこい印象を持つデザインだと、嫌がられてしまう事もあるので、注意が必要です。

また、折った時に、伝えたいメッセージが見切れてしまうなどないよう、レイアウトにも注意が必要です。

例えば4つ折りの場合、チラシのデザインを考えていく時に、折った時に表紙と裏表紙を用意でき、広げると目次になって、すべてを広げるとサービス内容をチェックできるように工夫できます。

内容を4面にしっかりと表示させることができますので、とても読みやすいチラシとなります。

広げた時の事だけでなく、折った時の見え方にも気を配り、興味をもってもらえるチラシを作りましょう。

 

ポスティング業者の比較が必要です

高い宣伝効果を実現できるように、たくさんの情報を集めて、より効果的なチラシの配り方を進める事ができる業者を見つける事が必要になります。

インターネットを活用する方法も宣伝効果がありますが、今の時代もチラシをチェックしてもらえる機会は多くあり、お得なクーポン券も付いていると、情報を見てもらえる可能性は高いです。

業者に依頼する時に、宣伝効果が重要なので、費用を抑える事ばかりを考えて業者を決めてしまうと、ただチラシを配るだけで集客アップにつながらないこともあります。

料金をチェックして、チラシを配る方のやる気もアップするような努力がされている企業なら、より効果的なチラシの配り方を実現できます。

情報をしっかりと押さえている業者なら、ターゲットを絞ってピンポイントに配布する事もできますし、クレームが起こらないようにチラシを配れます。

クレームが起こる事のないように、きちんと配慮しながらチラシを配ってくれる業者を見つけられるように、丁寧な対応ができる業者を見つける事も大事なポイントです。

比較サイトをチェックする事で、評判が良い業者を見つけやすくなりますし、それぞれの業者の強みをきちんと知ってから、依頼をする事ができます。

いろんなプランを用意する業者を見つける事もできるため、予算に合わせて、安心して依頼できる方法を見つけられる点も魅力です。

 

チラシは4つ折りにすることで、小さい郵便受けにもスムーズに入れる事ができますし、開いていく順に内容を理解してもらえるように、デザインを工夫する事もできます。

ポスティング業者選びは、ターゲットを絞ってピンポイントに配布できるようにするなど、宣伝効果を高めるための業者の比較も必要です。

   

おすすめ関連記事

サイト内検索
ポスティング関連コラム