東京・神奈川・埼玉・千葉で評判のポスティング・チラシ配布業者を徹底比較

ポスティングはチラシを配布する場所が大切!

中小企業や個人商店は、広告にあまりお金をかけられません。実際にチラシを配る方法であれば、テレビや新聞などに出すよりも安く広告ができます。

チラシをどこに配るかで効果が変わる可能性があり、その仕組みを知っておく必要があります。

 

 

お店なら来店見込みを想定して配布

大企業が広告を行うとき、新聞広告やテレビ広告などを行うかもしれません。大企業は元々知名度がありますが、何といってもお金があります。多額の広告費用をかけることができ、それによって大きく売上アップを狙えます。一方中小企業や個人商店となるとテレビ広告などはできません。新聞のチラシなどは入れられそうですが、紙面への広告は無理でしょう。もっと安く行おうとすると、駅前などで自分でチラシを配る等をしないといけません。非常に労力がかかる割にあまり効果が得られないときもあります。

そこで利用したいのがポスティング業者です。業者にもよりますが、チラシの作成からを配布までを一括して行ってくれるところが多いです。この時に気になるのが配布をする場所でしょう。ある場所でお店を運営しているとき、どのくらいの範囲まで配ってもらうのが良いかです。いろいろな定義がありますが、半径約2キロ以内が来客の圏内とされています。それなりに住宅があり、徒歩や自転車などで来客する人を想定しているので、自動車を使っての来客を想定すると距離は異なります。この範囲内で配れば、広告に興味を持った人は来てくれる可能性があります。一方2キロより離れるといくら配っても反応が少なくなり、費用対効果が得られにくくなるようです。

対象者によって限定する方がいいか

会社であったり商店を運営するとき、一定のターゲットを決めるでしょう。女性向けだったり、若い人向け、高齢者向けなど、性別や年齢によってターゲットを決める時もあります。男女どちらでもであったり、いろいろな年齢層に対応しようとするとその分サービスを多く用意しなければいけなくなります。ターゲットを絞るとお店などの運営もしやすくなり、それなりにお客さんが来てもらえれば売り上げも利益も出やすくなります。

今の状態でも一応固定のお客さんはいるが、もう少し新規のお客さんが欲しいという時は広告を出して、お店のサービスを知ってもらうと良いかもしれません。その時におすすめなのがポスティング業者です。目的に合ったチラシの考案から印刷、そして配布も行ってくれます。この時の依頼方法として、依頼側が場所の指定をすることがあります。お店の周辺に配ってもらうときもありますが、新規のお客さんを狙うならターゲットにしている人が良く住んでいるところがいいかもしれません。若い人がいそう、高齢者がいそうと考えられるところに配ってもらうとよいでしょう。しかし実際はそれほど地域による差がない場合もあります。素人の考えで決めるよりも、業者に目的を教えてそれに合ったところで配ってもらう方がいいかもしれません。

過去の実績データを中心に効果のあるところ

企業においては、何らかのアクションを起こせばそれに対する結果を残しておきます。それが成功したのであれば、将来的にもそのアクションを参考にして取り組むことができるでしょう。失敗であれば失敗の原因などを探って次は修正を試みることができます。行ったこととその結果のデータをうまく利用して、それを元に新しい行動をすることができます。

広告に関するサービスを行ってくれる業者にポスティング業者があります。依頼をするとチラシ作りからしてくれる時もありますし、自分でチラシを持っているなら配布のみを行ってくれるところもあります。配布する場所は依頼者が指定するときもありますし、業者に任せる時もあります。業者に任せるメリットとしては、業者は過去の配布データを持っていることでしょう。そしてそれに対する効果の情報も持っています。どんなチラシをこの地域に配って、どんな反応があったかが分かっています。業種や広告内容ごとのデータがあるので、これまで依頼をしたことが無くてもデータを利用して効果的な配布をしてくれます。コストをかけずにより効果を得たいと考えるのであれば、過去の実績としていい結果が残っているところがいいでしょう。